黒ずみケア方法|黒ずみ原因と解消

黒ずみケア方法|黒ずみ原因と解消

気になるお尻の黒ずみの原因は?

お尻の黒ずみがあるとどうしても汚く見えてしまうものです。そのために黒ずみを解消したいと思っている女性は多いことでしょう。原因を見極めて排除することによって、改善することができます。
お尻の黒ずみができてしまう原因の一つは、色素沈着です。この色素沈着は、下着や洋服などによって摩擦が起きることによって生じます。また長時間座っていることによって圧力を受け、色素沈着が起こることがあります。
お尻に黒ずみができるもう一つの原因は、過角化と呼ばれる現象です。これは、摩擦や乾燥といった刺激によって肌のターンオーバーが早まり、角質層が厚くなることによって生じる現象のことです。この過角化によって、肌は硬くなったり黒ずんだりします。
さらに、かぶれや炎症などが起きて、色素沈着が起きると黒ずみを引き起こしてしまうことがあります。特にお尻の場合には、石鹸などに反応してかぶれたり、ムダ毛の処理に際して傷ついたり、ニキビなどによって炎症を起こしてしまうことがあります。これもお尻に黒ずみができる原因と言えます。
加えて、ホルモンのバランスが崩れることも原因となり得ます。特に、妊娠や出産の時期にはホルモンバランスが乱れ、黒ずみができることが多いと言われています。

お尻の黒ずみの解消方法とは

普段はあまり見ることがないお尻ですが、気が付いたら黒ずみで汚いお尻になっていたなんてことはありませんか。
お尻の黒ずみの原因とはなんでしょうか。
外的な刺激が主な原因です。
座った時に体重がかかっている事で圧迫されます。
そして、下着などと擦れることによって色素沈着してしまうのです。
お風呂でゴシゴシと強くこすって洗う事も黒ずんでしまう原因の一つです。
締めつけの強いガードルなどで長時間締めつけることもお尻にとってはストレスになります。
そして、お尻にできたできものがつぶれてしまったりすると、跡が残ってしまいます。
すべてに繋がる大きな原因として、乾燥があります。
乾燥してしまった状態で放置してしまうと外的な刺激に弱くなってしまいます。
乾燥しているとかゆみが出たりして、強く掻いてしまうこともよくありません。
お風呂に入った時に体を洗ったり、シャンプーをした石鹸成分がしっかり流れないままになってしまう事もお尻の黒ずみの原因になります。
お風呂に入ったらしっかり石鹸成分を流し、お風呂上りには保湿効果のあるボディークリームなどをしっかり塗るようにしましょう。
お尻も乾燥しないように気を付けることが黒ずみの解消となります。